Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

鳩舎

レースしない

ISUCON4 お疲れ様でした

今回の ISUCON 、みんなはどうだったかな?楽しかったかな?ベンチマーカーについての文句?いいよ、こいよ、俺がベンチマーカー実装者だ。

ということで、まずはお詫びを。今回、過去の ISUCON に比べて本当にトラブルが多くて申し訳なかったです。次の出題者になれる機会があるならば、本当にもっとしっかりしたいと強く思っています。本当に、申し訳なかった。

あとは後悔を。正直当日まで実感なかったし、朝の方も徹夜明けであんまわかってなかったんだけど、昼飯が喉を通らないところでストレス過多で死にそうになってることに気づいた。いやーだって考えてみたら今まさに僕よりすごいエンジニアが僕のベンチマーカーを叩き潰すために全神経を注いでるわけですよ。そりゃ胃痛もするわ。もう二度と出題者になんてなりたくないね。

問題についての詳しい解説や、講評なんかは後日 ISUCON 公式ブログの方に乗せてもらえると思うので、そこは省略。

覚えてる限りの今回の大変どころを書いておく。

2つのベンチマーカー

どちらもメイン実装者としてコーディングした。ベンチマーカー実装者は大変なのだが、それ以上に様々なボトルネックを用意した問題の考案、参考実装の用意に注力してくれた mirakui と sorah には頭が上がらない。

予選用と本戦用では設計思想がことなり、ベンチマーカーは違うペルソナを抱えている。予選用ではすでに言うようにリスト攻撃してくるアタッカー、本戦用は無自覚な攻撃者としてのユーザー群、という具合。

予選では対 ISUCON 向けチューニングが火を噴くぜ!状態になっていたので、本戦では『いつもやることを、あたりまえにやる』が僕の中のキャッチコピーとしてずっとあって、いつもやっていることをやればやるだけスコアが伸びる状態にしたかった。Cache-Control のヒントが少なすぎたのは反省しています。ちょっとベンチマーカーブラックボックスすぎましたね。

この先のこと

まぁ振り返りばっかやってもしゃーないので、この先の話をすると、来年は参加者側としてみんなと戦いたい気持ちがある。ていうか優勝経験一切ないどころか、僕は ISUCON3 で Fail 出して終わった経験しかないのになぜ出題側なんだ!!!!と思わなくもない。明らかに参加者より弱い出題者ってのはどうなんだ!いや、お話お受けできて光栄です。

それで、多分次に ISUCON の話をがっつりやるのは moris さんがいっているこのイベント。

また ISUCON Makers Casual Talks というイベントを近々やろうかなと思います。いろいろ話したいことがあるんですよ! 出題をやった側にしかわかんない苦労とかがですね! そういうのをビールを飲みながら赤裸々に話したい! http://d.hatena.ne.jp/tagomoris/20141110/1415592196

ここでもっといろいろ言えたらいいなと思ってます。そんで、そのイベントに向けて一つ約束しておこうと思う。

おみやげ持ってくよ。

なにはともあれ

すげぇ疲れた。いや、まだやること残ってまして全然終わったわけではないのですが、一応一つの区切りとして。

みなさん、お疲れ様でした。ありがとう。

浅ましいリンクはこちら